ユーリズム

陰陽五行説

陰陽五行説

『陰陽五行説』 どこかで聞き覚えありませんか?

『陰陽論』と『五行説』は、古代中国に起源をもつ自然哲学の思想で、推命学、易学、漢方、針灸の根本原理となる、中国占術の論理です。

四柱推命、算命学、気学など、中国で発祥したほとんどの占術がこの論理の上に成り立っています。


『陰陽説』

古代中国では、自然界のあらゆるものを『陰』と『陽』にわけました。

例えば、
男(陽)と女(陰)
天(陽)と地(陰)
光(陽)と影(陰)
など。

『陰』と『陽』は、自然界の光と影によく似ています。

光「陽」は、明るくて、元気で朗らかなイメージがあります。
影「陰」は、暗くて、陰湿、病気がちなイメージがあります。

それじゃあ、

『陽』のポジティブな気をたくさん吸収して元気になろう!
『陰』のネガティブな気は要らないや〜… 

と、思われがちですが、

地球上の『陰』と『陽』は、どちらか一方だけで存在することは出来ません。

『陽』光の当たる歌手には、必ず影で支えているプロデューサーやスタッフ『陰』の存在が不可欠なように、『陰』と『陽』は、互いに影響し合い、バランスを取りながら同時に存在しています。



また、『陰』と『陽』は、どちらかに偏ってもバランスを崩してしまいます。

『陽』のエネルギーが多過ぎてもいけませんし、『陰』のエネルギーが多過ぎてもいけません。

一番大切なのは『中庸』。心はいつもニュートラル状態で置いておくことです。

普段の生活の中に溢れる『陰』と『陽』のエネルギーは、無意識にも、あなたの「心」と「体」にも影響を受けてしまっています。

意識的に『陰』と『陽』のバランスを取って、調和させる事がとても大切なのです。



『五行説』
『五行』とは、宇宙を創設している大自然のエネルギーを「木」「火」「土」「金」「水」に例えています。

「木」は「火」に燃えて灰になり、灰はやがて「土」になり、土から鉱物「金」から採れて、長い歳月の間に鉱物が腐食・融解して「水」となり、その水の潤いにより木が成長すると言うように、宇宙を創設するエネルギーは永遠に循環しています。

五行「木」「火」「土」「金」「水」にも、それぞれ「陰」と「陽」の気(エネルギー)が存在し、その関係により、森羅万象全ての物事に影響を与えるとしています。


 

Copyright(c) ユーリズム All Rights Reserved.